第一生命館「幻のデザイン」

第一生命館
第一生命館


 日比谷のお濠端にある「第一生命館」(DNタワー21)は、戦後、GHQに接収されたほどの名建築です。
 葛西萬司、横河民輔、櫻井小太郎、佐藤功一、中條精一郎の5名に建築顧問を依嘱し、1932年8月、設計図案を一般から公募。263案のなかから10案が優秀賞に選出されました。
 これらの案をもとに、最終的に、建築家・渡辺仁、営繕課長・松本与作の2者で設計が行われました(『第一生命保険相互会社三十五年史』)。

 このとき優秀賞に選ばれた10案を一挙公開しておきます。

第一生命館地鎮祭
地鎮祭


第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

第一生命館の設計図案

制作:2020年5月9日

第一生命館の誕生
三井本館の秘密
生命保険会社の誕生
銀行の誕生

広告
© 探検コム メール